マルダイ長沼は生食用牡蠣(かき・カキ)生産量1位の宮城-南三陸-牡鹿の宮城県産「生かき」や、ワカメ、めかぶ等おいしい海の幸を全国の消費地へ新鮮なままお届けいたします。

海からの贈り物、宮城 南三陸の牡蠣(カキ・かき)

北からの寒流・千島海流(親潮)と南からの暖流・日本海流(黒潮)が流れ込む三陸沖。

宮城県沖から三陸沖にかけての海域が潮境になるため、マグロ・カツオ・サバなどの暖流系の魚はもちろん、サンマ・タラなどの寒流系の魚も密集する世界でも屈指の魚場だ。また、大陸棚は狭いものの、岩礁や砂礫質の浜が多いため、アワビ・コンブ・ウニ・ナマコなど水産動植物の生育にも恵まれた環境である。

リアスの大地が育む森の豊かな恵みが、そのまま流れ込む南三陸の豊穣の海。静かな湾内でゆったりと潮にたゆたいながら育つカキ、ホタテ、海草類。恵まれた環境の中で育まれるカキは、凝縮された旨味が凝縮された海からの贈り物。

蒼い海は、豊穣に満ちた世界―。

つやつやとした白い身、ぷりっとした食感は、「海のミルク」といわれるほど高い栄養価をもつ食材、カキ。その栄養分としては、肝臓の働きを良くするグリコーゲンをはじめ、ビタミンB1、B2、ミネラルなどがたっぷりと含まれています。

このおいしい宮城のカキを育てているのが滋味豊かな三陸沿岸のリアスの海です。宮城のカキですが、実は生食用としての生産量を見ると全国1位なのです。また、あまり知られていないことですが、種カキの生産量は日本一で、石巻で生産された種カキが全国に送られています。

その歴史をひもとくと、はるか江戸時代にまでも遡ります。その始まりは、300年ほど前、松島湾に稚貝を放したところ、その後、成長したカキが採れたことからと、いわれています。そして大正12年、「垂下式養殖」方法が取られるようになり、宮城では松島湾から気仙沼までの沿岸一帯で盛んにカキの養殖が行われるようになったのです。美しいリアス式の海岸の中でも、宮城県牡鹿半島沿岸部とその周辺海域は、南三陸国定公園に指定された恵まれた自然環境とともに、水産資源の宝庫として知られています。

石巻、女川、気仙沼などの地元の漁港では、サンマ、カツオ、サバ、イワシ、イカなどの漁業が盛んです。そこで水揚げされた水産物は、首都圏をはじめ全国の消費地に出荷されています。